カジノに行く準備1

カジノ

※この記事は2018/07/06の記事を加筆・修正したものです。

さあ、カジノに行こう!

いよいよカジノに行く準備をしましょう。
行くと言っても国内にはまだカジノはありませんので
海外のカジノに行く準備になります。
初めて行くなら定番ですが
身近な韓国のカジノか、
アメリカのラスベガスがおすすめです。

韓国のカジノをお勧めする理由

まず第1に韓国であれば近い!
いかに韓国が近いかを参考までに調べてみました。

ソウルまでのフライト時間(時間はあくまでも目安)

 

出発空港到着空港飛行時間
(最短の場合)
新千歳空港仁川空港(インチョン)行き:2時間50分
帰り:2時間25分
成田空港仁川空港(インチョン)行き:2時間35分
帰り:2時間20分
羽田空港仁川空港(インチョン)行き:2時間25分
帰り:2時間20分
関西国際空港仁川空港(インチョン)行き:1時間45分
帰り:1時間35分
中部国際空港仁川空港(インチョン)行き:2時間00分
帰り:1時間50分
福岡国際空港仁川空港(インチョン)行き:1時間20分
帰り:1時間20分
行きのフライト時間と帰りのフライト時間に差があるのは、なぜだかご存知でしょうか?電車の様に全く同じルート(上り線、下り線)で往復する訳ではありませんし、偏西風に逆らって飛ぶ方面のフライトと偏西風に乗って飛ぶフライトでは到着時間に差が出るという訳です。しかも、それを計算して最短距離ではなく、偏西風に乗ってより少ない燃料で経済的なルート飛んでいるという事ですから感心してしまいますね。

日本国内の上記主要空港から仁川国際空港までは、日本航空、全日空、大韓航空、ユナイテッド航空、アシアナ航空、
LCCでは、ピーチ、エアソウル、エアプサン、イースター航空、チェジュ航空、ジンエアー、ティーウェイ航空、ハーン・エアの直行便が運航されています。(2018/07/06調べ)

飛行機代も安い!

当然といえば当然なんですけど、距離が近いと飛行機代もかなり安いです。(2019/07/30調べ)

出発空港到着空港料金(最安の場合)
新千歳空港仁川空港(インチョン)約15800円
成田空港仁川空港(インチョン)約11400円
羽田空港仁川空港(インチョン)約43300円
関西国際空港仁川空港(インチョン)約10400円
中部国際空港仁川空港(インチョン)約9600円
福岡国際空港仁川空港(インチョン)約8300円

国内線並みの安さで韓国に行けますので、同じ様な料金で国内旅行をするよりは海外旅行を楽しめるので人気が有る訳です。

日本語が通じます!

海外旅行の不安要素の1つとして『言葉の壁』があるとおもいますが、韓国では、ある程度の日本語が通じます。もちろんどこでも通じる訳ではありませんが日本人観光客が立ち寄る主な公共施設や観光スポットや、お土産屋さんなどで日本語が通じますので、よっぽどの事が無い限り大丈夫だと思います。もちろんホテルやカジノでも問題ありません。
※この記事は2018/07/06の記事です。
当時では日韓関係は特に問題なく正常でしたが、現状では外務省の海外安全ホームページ大韓民国(韓国)を確認し、自己責任で旅行してください。

余談ですが、私の友人・知人は今月(8月)に韓国に行きましたが特に問題なくいつもと変わらない印象だという事です。ただ、日本からの観光客は若干少ないようです。曜日によると思いますが、カジノは大盛況だったそうです。

ラスベガスをお勧めする理由

カジノの代名詞ともいえるギャンブルの聖地ラスベガスでしたら、カジノが初めての方ににピッタリの観光地といえます。英語が話せなくても「yes」と「no」さえハッキリ相手に伝えれば大きなトラブルになることはないと思います。しかも表記は全部英語なのでこの点は韓国のハングル文字よりも身近な英語ですので意味が伝わってくると思います。ですから、そういった意味では韓国よりも観光に向ていると言えるでしょう!
何度も申しますが、特におすすめなのはラスベガス。
第1印象は人間でも、食べ物でも非常に大事です。カジノに関しても例外ではありませんので、いかに印象の良いカジノに初めて訪れるかが、重要になります。その点でも韓国のこじんまりとしたカジノよりはラスベガスの圧倒的なスケールのカジノを最初のカジノにする事を強くオススメします。

なんと、空港から遊べる!

ラスベガスの最寄りの空港は【マッカラン国際空港:McCarran International Airport】と言いまして世界でも類を見ない異色の空港です。最大の特徴はターミナル内にスロットマシーンが1234台以上も設置されており、入国手続きを済ませればすぐにでもスロットマシーンで遊べる様になっています。もちろん換金も出来ますので大当たりが出たらその場で現金が貰えます。

空港内だから、どうせ出ない機種や地味なつまらない機種や、カジノで撤去された機種の再利用なんでしょ?

管理人
管理人

それは大きな誤解です!日本のゲームセンターや温泉地などでみかけるパチンコ・パチスロの古い機種の再利用をイメージしていませんか?ターミナル内ですので大型のド派手な機種こそありませんが、最新機種や定番の人気機種など、カジノ内と比べて遜色はありませんよ!

でも、ターミナル内の機種はカジノに比べて還元率が悪く、ジャックポットも出ないんじゃないの?余ったドルを回収する目的でしょ?

管理人
管理人

そんな事はありません。超高額のジャックポット(数年に1度の確率)も2017年8月16日に出ています。ちなみに$5が$1,600,000になったそうです。つまり500円が1億6000円になりました。($1=100円換算)
当時のニュース-Las Vegas Review-Journal


↑手荷物が出てくるのを待つ時間も飽きない?

↑待ち時間なんてあっという間に過ぎてしまいます!

↑クリックで拡大します!

マッカラン国際空港の名前はどうしてラスベガス国際空港ではないのでしょうか?その理由はネバダ州(ラスベガスはネバダ州ラスベガス市)から選出されたのアメリカ合衆国、元・上院議員パトリック・マッカラン氏の功績を称え名付けられました。アメリカの空港や地名なは偉人由来が多いですね。ところが空港コードはLASであるため、過去には名称変更の議論もありましたが現在もマッカランのままです。
街全体が巨大なテーマパーク

超有名な夢の国や、超有名な映画のスタジオとはスケールが違います!皆さんも何度かご覧になった事があると思いますが、まずは百聞は一見に如かずですので、ご覧ください。

細々としていますが、車のサイズと比較して下さい。それぞれが巨大なサイズの建物という事がわかると思います。写真よりもご自身の眼でご覧いただきたいです!クリックで拡大します!

ギャンブルだけじゃない魅力

各ホテルが趣向を凝らしたテーマになっていますので、全く飽きさせません。メインストリート(ストリップ通り)の大通りに面したホテルだけでも33か所、ダウンタウンや郊外を合わせますと約100近くのホテルがしのぎを削っていますので、宿泊費も比較的リーズナブルになっています。ですのでラスベガス愛好家は1回の旅行で複数のホテルを渡り歩く方も珍しくありません。また大自然と触れ合うアクティビティも豊富です。ギャンブルや日常生活の都会の喧騒に飽きたら、グランドキャニオンをはじめ、国立公園、州立公園も多く疲れを癒してくれる事でしょう。ギャンブルも癒しも必要ない方には、ショッピングモールやアウトレットモールで心ゆくまで買い物を楽しんで下さい。1つのモールでも1日では全部見て回る事が出来ないほど大規模ですのでこれまた飽きません。観光や買い物に疲れたらスパに入りましょう!温泉とは違いますが、ゆったりとした空間でサウナやマッサージを体験すれば心身ともにリフレッシュする事でしょう!そんな事よりエンターテインメントが観たい!という方はマジックショーや有名なミュージシャンのライブをご覧ください。シルクドソレイユと言う有名なサーカス+演劇のショーも6種類ありますので迷ってしまいますね!さらにライブ会場やスポーツ興行もこなせる多目的施設Tモバイルアリーナが2016年に完成しましたのでバスケットボール、アイスホッケー、ボクシング、世界的に有名なミュージシャンのライブツアー、更にはビルボード・ミュージック・アワードなどのイベントなどもラスベガスに居ながら楽しむ事ができます。夜遊びがしたいならナイトクラブ(昔で言うディスコ、日本のクラブ)子供向けの遊園地も有りますのでファミリー層も楽しめます。ペットも大事な家族の一員ですのでペットと一緒に泊まれるホテルも多くあります。そうなんです、老若男女が楽しめる都市=ラスベガスなんです。

ラスベガスの魅力をまとめますと

  • ギャンブル
  • 大自然のアクティビティ
  • スパ&マッサージ
  • ショッピング
  • エンターテインメントショー
  • コンサート
  • スポーツ観戦
  • ナイトクラブ
  • 遊園地
  • ペットステイホテル

こんな観光地は他にあります?
カジノに対する考え方が少しでも変わったのではないでしょうか?
次回は具体的に飛行機のチケットの予約の仕方からホテルの予約方法、外貨のお得な準備を詳しく説明したいと思います。お楽しみに!
※この記事は2018/07/06の記事です。
今すぐにでもカジノで遊びたい方は下のバナーからオンラインカジノで遊んでみてはいかがでしょうか?当サイト限定のお得な特典ももれなく貰えますのでご興味のある方はどうぞ!





ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村
人気ブログランキング
Blog Ranking

コメント

タイトルとURLをコピーしました