Uber(ウーバー)の勧め(追記)

旅行情報
Uber(ウーバー)の勧め

遂にウーバーが上場しましたね!現在では世界中の70の国と地域、450以上の都市で活躍展開しています巨大な企業に成長しました。歴史は浅く2009年3月に創業ですから僅か10年で売上高が5兆円を超える企業になったという事ですから驚きです。

今回の記事は株の話ではなく、ウーバーに乗ると安くて便利ですよ!という内容です。

ウーバーとは?

一言で簡単に言うと『個人タクシー』です。

ですが、完全な日本の個人タクシーとは違い、ウーバーと言う会社に登録して配車システムを活用した非常に効率的なタクシーです。ですから、いわゆる『流し』で走っている事はありません。故に路上で手を挙げて乗車する事は出来ないのです。

したがいまして、利用するには乗車する場所と目的地をアプリで入力し、最寄りのウーバーが配車され、タクシーよりも遥かに安い料金で目的地に到着する事が出来ます。

利用方法

アプリをダウンロードして初期登録をすると使える様になります。クレジットカードの登録が必要ですが、巨大企業に成長してますの安心して登録出来ます。

現在地はスマホのGPS機能で自動的に把握されてますので入力する必要はありませんが、目的地は住所や、建物名を入力して下さい。または、地図上で指定する方法があります。

現在地と目的地を入力するとウーバーの種類と料金が表示されますので、気に入った選択肢を選んで配車を依頼して下さい。およその到着予定時間が表示されますので、後はただひたすら、お待ち下さい。アプリで車の動きがリアルタイムで表示されますので待っている時間も飽きさせないですし、場合によっては『早過ぎる』と感じてしまうほど早いのも特徴です。

ウーバーの種類

料金を見れば大体の想像は着くと思います。高ければ高いほど快適な車で来てくれると思って間違いないでしょう。

↑iPhoneのマップから直接ウーバーの料金を確認できます。

↑ウーバーのアプリで開くとこの画面です。この後、オプション選択(Uber beaconの色選択)ができます。Uber beaconとはフロントガラスに貼ってあるネオンサインです。

オプションで、配車したウーバーが発見しやすい様にネオンサインの色を任意に変更する事が出来ますので試してみるのも良いでしょう。
https://www.youtube.com/watch?v=3q3SL9dr8bo
↑百聞は一見に如かず動画がありました。『強制再生の埋め込み型』はあまり好きでないので興味のある方はリンクに移動して下さい。

乗車と支払と評価

配車を依頼すると、ドライバーの顔写真と車の色と種類、ナンバーが表示されます。オプションの色指定をした時はご指定の色も表示されます。

配車依頼をしたウーバーが到着したら、ナンバーと顔を確認して乗車してください。ドライバーのスマホにもあなたの名前が表示されていますので名前を呼ばれる事でしょう。

支払いは登録済みのクレジットカードから自動的に引き落としがかかります。おそらくですがドライバーがスマホで操作をするのか、GPSで自動的に確認する仕組みなのかもしれませんが、とにかくあなたは何もしなくても料金を払う事になります。

評価をする事ができます。評価項目は複数あり、例えば『車内の会話が楽しかった』とか『道順を知り尽くして迷う事無く目的地に到着した』とか『車内のBGMが良かった』などなど、10項目くらい有ったと思います。1つ1つ項目に対して文章を入力する評価方法と単純に、5段階評価の選択をする2通りの方法があるので気になった点や良かった点を評価しましょう。もちろん任意ですので全くの未入力でも問題ありません。ですが、気になった点があれば、今後の利用者の為にも報告するべきかと思います。この評価は蓄積され、配車時に点数と乗車回数と同時に表示されますので安心です。

チップをあげる事も出来ます。旅行時に利用する事が多いと思いますのでスーツケースや重い荷物をトランクに入れてくれたら『気持ち』だけでもチップをあげて下さい。複数の選択肢から選ぶ事ができます。もちろんあげなくても構いません。
キャンセルするとペナルティ料金を取られます。突然の予定変更や、評価とかけ離れた感じのするドライバーの登場や、やむを得ない事情が発生した場合はキャンセルする事も出来ます。キャンセル料金の金額は一律なのか、本来発生する乗車料金の割合によって変化するのか、全く見当もつきませんが発生するのは間違いありません。いたずら防止も兼ねているのかもしれません。しかしながらキャンセル理由によってはキャンセル料をクーポンバックしてくれます。判断はウーバー側に委ねられますが、次回に利用できるクーポンとして戻ってくるのです。クレジットカードから引き落としされていますので通常の『チャージバック』ではなく、ウーバーで利用可能なクーポンバックとして戻って来ますのでご注意ください。

利用した感想

今後も絶対利用します!
正直、利用前は余り期待していませんでした。そもそもここまで普及するとも思っていませんでしたし『安かろう悪かろう』が当然と思っていたので黎明期から存在は知ってはいたものの全く興味が湧きませんでした。実際に当時はもっと『使い勝手の悪いアプリ』だったり、『ドライバー不足による到着時間の大幅な遅れ』や『到着時間がそもそも遅い』事が安易に予想出来ました。その上タクシー料金との差が僅かでしたので利用する価値よりもリスクの方が高かった筈です。ところが、去年から友人が利用する様子を見て『便利だな』と思えるまでに成長していたのでした。

今年のGWはウーバーに大変お世話になりました。タクシーとのサービスの違いはどこにも見当たらず、半額に近い料金なら利用しない手は無いですね!

乗車比較(追記)

実際に乗車した区間と料金をタクシーとウーバーの2通りをスクリーンショットで比較してみます。乗車した時間帯や曜日、順路(タクシーは遠回りをしたがりますが、ウーバーは最短ルートを使う)など全くの同一条件ではありませんので交通量や、待ち時間が違い単純に比較する事が出来ないと思いますが参考になると思いますので掲載いたします。

では実際にウーバーに乗った場合とタクシーに乗った場合ではどれほどの料金差が生じるのか実例を公開したいと思います。

1つ目はマッカラン国際空港からプラネットハリウッドホテルにタクシーを利用一般道した場合です。タクシーですとタクシーラインに並び、順番待ちしなくてはなりません。混み合う時間帯ですと結構な時間を待つ事になります。しかもラスベガス『あるあるネタ』なんですが、一般道を使うか高速で行くかで料金に違いが生じます。通常で有れば一般道を走る方が安いと言われていますが、空港からホテルまでの距離と時間帯などを考慮すると一概に高速を走る事が悪意ある距離増し走行にも思えないので今回の比較はどちらを使ったかは伏せておきましょう。

一方、ウーバーは逆のプラネットハリウッドホテルからマッカラン国際空港までの乗車です。ウーバーの良い所は渋滞にハマろうが遠回りをしようが料金は変化せずに、最初の提示額で目的地に到着する事です。つまりは遠回りをしたり、渋滞にハマるとガソリン代がかかりウーバーの運転手にとっては良い事はありません。従いまして最適なルートを走行する事に専念するので、タクシーよりも遥かに信用が出来ます。

結果としてかなりの差が出ました。

往路のタクシーは$33.39 ※レシート紛失の為、クレジットカードの請求から逆算しました。

復路のウーバーは$11.33

全くの同一コースではないですが、この差は大きいと思います。

タクシーもウーバーもスーツケースをトランクに『詰め込む&取り出す』作業はドライバーの方が気持ち良くやってくれます。つまりはサービスに差は無いのです。でしたら、タクシーを利用するメリットは皆無です。むしろリスクしかありません。

タクシーウーバー
料金随時加算定額(タクシーの半額程度)
カード決済現金のみの場合あり現金不可
カード手数料強制的に徴収なし
遠回りリスク可能性ありなし
待ち時間場所による場所による
チップカード決済の場合自動的に徴収される
事もある。
任意
荷物出し入れ運転手運転手
後日の問合せ自身でメモをとるアプリで可能
何故ウーバーなのか?(追記)

この様なサービスは実は他にも複数のライバル企業があります。
Lyft(リフト)…アメリカ、カナダのみのサービス。日本語のアプリ無し。
Grab(グラブ)…タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、カンボジア、ミャンマーにおいてウーバーから事業を引継いでおり、アジアならグラブ。
滴滴出行(ディディチューシン)…中国の同様サービス。
Ola Cabs(オラキャブス)…インドの同様サービス。ウーバーと人気を二分。
Gett(ゲット)…ヘブライ語、ロシア語、英語圏の同様サービス。

と、まぁ数え上げたらキリが無いほど、ドンドン出てきます。
正直、カジノの無い国には興味もありませんし、渡航する気も無いので、リフト、グラブ、ゲットだけ押さえておけば良いのでは無いでしょうか?しかも、ウーバー、グラブ、オラキャブスはソフトバンクグループが筆頭株主になっていますのでゆくゆくは、統一されるのではないでしょうか?
ですので、日本語アプリのあるウーバーは、最大のライバルであるリフトと比較しても安いですし、非の打ち所がない様に思えます。

↑リフトとの料金比較

日本でのウーバー(追記)

残念ながら日本国内におけるウーバーは現在、日本の法律上『白タク』行為に当たるとされ本来のウーバーは運行しておりません。2種免許をもってない運転手が乗客を乗せるのは法律に抵触します。この辺の法改正または緩和されないとウーバーは厳しいと思います。
ですので緩和されるまでの期間は知名度を上げる目的と新たなサービスとして『ウーバー•イーツ』と言う様々な外食を宅配するサービスとして営業しています。機会があれば利用してみるのも良いと思います。

以上、『Uber(ウーバー)の勧め』でした!




ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村
人気ブログランキング
Blog Ranking

コメント

タイトルとURLをコピーしました