カジノは横浜で開業?!

ニュース
横浜が1番乗りか?!

【横浜IR『経済効果1.6兆円』12事業者の構想案公表】

などと2019年05月27日に世間を賑わせたカジノ関連ニュースがありました。皆さんはもうご存知だと思いますが、ご存知ない方もいらっしゃると思いますので簡単に要約しますと、

  • 横浜市は誘致については「白紙」。今回の構想案も「判断材料の一つ」
  • 12事業者の全ては立地場所を『山下ふ頭』に想定
  • 年間売り上げは3500億円~8800億円
  • 経済波及効果は年間7700~1兆6500億円
  • 投資額は6200億円~1兆3000億円
  • IR全体の面積が67~150ヘクタール
  • ギャンブル依存症対策としてマイナンバーカードや顔認証による入場制限、相談窓口の設置

↑羽田空港からのアクセスが良く、47ヘクタールという広大な敷地が想定理由

公表した事業者名

12事業者のうち、3事業者は事業者名を非公表とし、9事業者は以下の通り。

  • ウィン・リゾーツ
  • キャピタル&イノベーション
  • ギャラクシーエンターテインメントジャパン
  • ゲンティン・シンガポール・リミテッド
  • 日本MGMリゾーツ
  • シーザーズ・エンターテインメント・ジャパン
  • SHOTOKU
  • セガサミーホールティングス
  • メルコリゾーツ&エンターテインメントジャパン
非公表の3事業者(予想)

非公表の事業者は私の独断と偏見での勝手な予想ですが

  • ラスベガスサンズ
  • ハードロック
  • トランプ・オーガナイゼーション
  • ヒルトン
  • モヒガン・ゲーミング&エンターテインメント
    上記の5社が濃厚ではないでしょうか?

以上、カジノのニュースでした。




ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村
人気ブログランキング
Blog Ranking

コメント

タイトルとURLをコピーしました