\待ってました/横浜市はIR誘致を正式発表

yokohama-officially-announces-ir-invitation カジノ
横浜市が参戦!

さぁ~ついに来るべき時が来ました。先日、お伝えしました様についに横浜市が動きました。色々なメディアが報道している内容をどなたでもご理解頂ける様に簡潔に再編集しました。

2019/08/22の午後。かねてから本命視されていました横浜市はカジノを含む統合型リゾート(IR)誘致を正式発表しました。山下ふ頭を候補地として、2020年代後半の開業を目指す模様です。横浜市長は記者会見で「横浜の将来へ強い危機感がある」と述べ、IRによる市財政の増収や観光客増加の期待を誘致理由としたようです。

横浜市の調べによりますと、IRの開業で年間6300億~1兆円程度の経済波及効果があると試算しました。これにより横浜市財政も法人市民税や固定資産税、入場料収入など、およそ年間820億~1200億円が横浜市にもたらされるとし、IRの恩恵を強調しました。

一方で負の恩恵も当然ながら釈明しました。IR内に併設することとなる【カジノ】の誘致については、IR周辺の治安悪化やギャンブル依存症の増加の懸念があるとし、これについて横浜市長は「私自身も大変懸念した」と言いつつ、2018年に可決したIR実施法で設けられた規制(入場回数制限、ID確認など)を念頭に「最高水準の厳しい規制であれば大丈夫だと確信した」と述べたようです。

この先、横浜市長が自ら全行政区で住民説明会を開催する予定とのこと。「横浜市民に対して丁寧にきちんと説明を続ければ、理解いただけるだろう」と前向きな様子でした。

白紙から一転して誘致決定に至った経緯については、「白紙というのはやらないということではない」と釈明しました。また民意を把握するための住民投票の実施などには『否定的』な腹積もりを示しました。

米カジノ大手サンズ、大阪撤退

そして同日の2019年08月22日21時ころ
アメリカのカジノ運営大手『ラスベガス・サンズ』は22日、日本でのIRに関して、大阪市での開発の機会を今後追求しないと発表しました。これはつまり、横浜市がIR誘致を正式発表したことで、首都圏にロックオンしたという事です。

まとめますと…

横浜市にIRを作りたいです。
理由は将来が不安だから。
弊害は規制があるから大丈夫。
白紙はやらないと書いてない=白紙でしょ。
今後も住民の意見は聞きません。
と言う内容です。

明日も続報を書きますのでお楽しみに!

以上、【\待ってました/横浜市はIR誘致を正式発表】でした。





ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村
人気ブログランキング
Blog Ranking

コメント

タイトルとURLをコピーしました